12345次の10件>>


今日の食材

船を係留している港近くの浜で 「ひらぶ」 を採りました。正式名は 「タイラギ」 で貝柱が大きくホタテ貝に似た味がします。近似種の「ハボウキガイ」 も少し混ざっています。

先ずは、貝柱をお刺身で。
タイラギ貝の刺身
薄くスライスしてワサビ醤油で食べましたが、食感を味わうなら小さいのを選んで、切らずに丸ごと食べた方が歯ごたえがあってイイと思います。

続いては、バター炒めにしたかったけど生憎、冷蔵庫にバターが無く、貝柱、水管、ヒモなどをオリブオイル、醤油、塩コショー、ニンニクチューブを入れて炒めました。


もう一品は、エリンギを加えてマヨネーズ、リケンのバジルドレッシング、ニンニクチューブで味付けして炒めました。

これが一番美味しかったです。





cooked by ガンさん | コメント(0) |

イカの沖漬けは大好きだけど、スミイカとも言われるコウイカでそれをするとイカ墨で真っ黒になるだろうから、それは止めといて・・・
新鮮なコウイカの下足 (ゲソ) を麺つゆに3日ほど漬けて沖漬け風にしました。
コウイカの沖漬け
結構イケます。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

この日の食材

タチウオを里芋、トマト、タマネギ、ニンニク等の野菜と鷹の爪、塩コショウの香辛料を入れ、オリーブオイルで煮込んでアヒージョにしました。
IMG_6823.JPG
タグ:アヒージョ




cooked by ガンさん | コメント(0) |

コウイカやシリヤケイカが沢山釣れら内臓や目玉、カラストンビ(口)、甲を取り除き、軒下で乾燥させて鯣 (スルメ) にしています。

冬場はハエもいないので洗濯ばさみで風通しの良い所に吊しておけばお手軽です。
鳥が飛んで来て取られないか心配ですが・・・

乾くとこんな感じに。
足は別々にバラして干しています。
足や甲を付けたままにした 「甲付スルメ」 ももう直ぐ出来上がります。
これを炙った後に引き裂いてマヨネーズに一味唐辛子と醤油を混ぜて、それをつけて食べると美味しいです。
するめ
冷えると固くなるので熱い内に食べた方がいいですね。
噛めば噛むほど味が出ます。
スルメのことを 「アタリメ」 とも言いますが、スルは馬券がハズレて損するなどの意味があるので縁起をかついでアタリメと言う様になったらしいです。

歯が悪い方には松前漬けがオススメ。
タレの水分でスルメがふやけて柔らかくなります。
IMG_7619.JPG

松前漬けの作り方
  1. スルメは軽く炙って料理ハサミで細く切る。
  2. 肉厚の昆布も料理ハサミで細く切る。
  3. 人参を千切りにする。
  4. 醤油、味醂、日本酒を一度沸騰させて冷まし、漬けダレを作る。
  5. 細く切ったスルメ、昆布、人参と鷹の爪をタレに漬け、冷蔵庫の中に入れて時々かき混ぜながら1週間程度経てば出来上がり。
数の子も入れればもっといいのだけど、それは正月用にまた作ってみます。
タグ:干物




cooked by ガンさん | コメント(0) |

今年はコウイカの当たり年みたいで、タチウオ釣りをしていてもイワシを付けたテンヤの上にイカが乗っかってきて邪魔します。コウイカと言ってもほとんどは同属のシリヤケイカですが。
IMG_6770.JPG
今回はシリヤケイカの下足 (げそ) や軟骨でアヒージョを作ってみました。
作り方は、オリーブオイルでイカと里芋、ニンニク、タマネギなどの野菜に唐辛子、塩と味付けのためイタリアンドレッシングを入れて中火で煮込むだけ。

里芋は硬いので先に入れて煮込んだ方がいいですね。
タグ:アヒージョ




cooked by ガンさん | コメント(0) |

三枚におろしたイシモチ (シログチ) の身を柚子の輪切りと醤油・味醂・日本酒を合わせた調味液に一晩漬けおいて、魚焼きコンロで焼きました。

漬け汁に漬けることで味が付くと同時に脱水もされるので身が柔らかいイシモチには向いています。
タグ:幽庵焼き




cooked by ガンさん | コメント(0) |

日本海でシロイカ釣りをしていたら、たまにスルメイカが釣れます。
刺身にすると味は断然シロイカの方が美味しいけど、沖漬けや塩辛にするにはスルメイカの方がいいですね!
それは、スルメイカの方が肝が大きいからです。
だからスルメイカが釣れたら生きたまま麺つゆ中に入れて沖漬けに。
直ぐに食べない場合は半透明の甲 (ふねとも言う) を外して冷凍しておきます。
IMG_6721.JPG
食べたい時にブツ切りにして半解凍のルイベ状態で



cooked by ガンさん | コメント(0) |

先日、初めてイシモチで蒲鉾を作ったけど、今回は太刀魚でかまぼこを作ってみました。

蒲鉾作りは二度目の挑戦なので少しは形が良くなりました。(笑)
それと、水に晒したので前よりも色が白くなった様な気がします。
タチウオの板わさ 味は素材の差でしょうね、グチよりも太刀魚の方がさすがに美味しいです。
食感は、1回目よりも柔らかくなったものの、フードプロセッサーの限界なのか粒っぽくて弾力に欠けます。
きめ細やかなぷりぷり感を出すには、蒲鉾屋さんが使っている様に石臼で練らないといけないのでしょうね。
タグ:蒲鉾




cooked by ガンさん | コメント(0) |

釣ったシログチ (イシモチ) でかまぼこ作りに初挑戦。

蒲鉾の作り方
@ 三枚におろして腹骨を取り皮をひく。
A 細かく刻んでフードプロセッサーに入れ、塩と片栗粉を加えてすり身にする。
B 板に半円状に練り付け、蒸し器で20分程度蒸す。
IMG_6790.JPG
練り様が足りなかったのか形状が歪になり見た目が悪く、盛り付けには熟練の技が必要みたいです。
色も悪く、すり身にする前に水に晒しておくと白くなる様ですが・・・
取り敢えず試食してみます。
蒲鉾板からはずして薄く切りワサビ醤油で
IMG_6791.JPG
いわゆる居酒屋メニューに出てくる「板わさ」です。
これでも味は良いのですが、硬くて弾力がなくて食感はイマイチ。
また釣れたら再挑戦してみます。
タグ:蒲鉾




cooked by ガンさん | コメント(0) |

インスタントのお茶漬けの素を使って誰でも簡単に出来る美味しいお茶漬け。
IMG_6784.JPG
他に用意するものは、薄造りにしたマゴチの身とネギ、ワサビだけ。
梅肉もあれば更に美味しい!



cooked by ガンさん | コメント(0) |
12345次の10件>>