12345次の10件>>


最近、あっさり味の塩焼きそばにはまっております。
野菜をたっぷり入れて、今回は備蓄していた茹蛸も加えました。
味付けは鶏がらスープの素と塩コショウで






cooked by ガンさん | コメント(0) |

今年は8月末でO沖のシロイカ釣りは終わった様です。( ノД`) シクシク
これは以前に釣って冷凍保存しておいたシロイカ (ケンサキイカ) を解凍して塩焼きに

塩は少なめに振っておいて、マヨネーズをつけて食べた方が美味しいね!
タグ:塩焼き




cooked by ガンさん | コメント(0) |

ママカリのアラで魚醤作りに挑戦してみました。
魚醤とは魚介類に塩を加えて漬け込み発酵させた調味料で、世界的にはナンプラーが有名ですが、我が国ではハタハタで作る秋田のしょっつる (塩魚汁)、能登のいしる・いしり (魚汁)、香川のいかなご醤油が日本の三大魚醤と言われています。

魚醤の作り方
今回は使った材料は、ニシン科のサッパ、当地ではママカリと呼ばれる魚のアラです。
IMG_0708.jpg
昨年夏に釣って調理した後に残った魚のアラに約20%、つまり1kgの魚介を漬けるには、200gの塩を加えてタッパーに入れ、最初は時々かき混ぜてながら常温で1年寝かせるだけ。
1年は長いもので、何処に置いていたか存在すら忘れていて (^^;
IMG_2270.JPG
探し出してみると、いいぐあいに発酵していました。
やはり匂いはするけど、生臭さや腐った様な嫌な匂いではありません。
小さな笊にキッチンペーパーを敷き、これを移して一晩かけてろ過すると魚醤の出来上がり。
ママカリのいしる
早速、チャーハンを作る際にチョッとこれを加えてみたら、とてもいい味になりました。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

釣果と食材
マアジ


アジの酢締めの作り方
三枚おろしにして腹骨は削ぎ落し、尾側の硬いゼイゴは包丁で削ぎ落として塩を振って1時間寝かせる。
サッと水洗いし、水気を拭き取って米酢に15分ほど浸けて〆る。
これはチョッと長く浸けすぎましたが ^^;
皮はシールを剥がすようにして簡単に取れます。
血合い骨は毛抜きで取り除きます。

この時期は、茗荷を刻んで添えるとイイですね!

片身は、皮をトーチバーナで炙って炙り〆鯵に

丸アジと違って平アジ (マアジ) はゼイゴが頭側まで回っているので口にかかるのが・・・ (^^;



cooked by ガンさん | コメント(0) |

釣果と食材
カンパチ

山陰でシロイカ釣りをしていたら集魚灯に30cm前後の小さなカンパチ (シオ) がたくさん集まって来ます。
でも成魚をその海域で釣ったと言う話は聞いたこともなく、大きくなると何処かへ移動するのでしょうか?

お寿司屋さんでカンパチの握り寿司をたべたらブチ旨かったんですが、小さなカンパチの味は如何に?

先ずはお刺身で
間八のお造り
成魚と比べると身が柔らかく味は落ちますね。

続いては、なめろうで、

こうすると美味しいですね!

こちらは、カンパチのヅケ丼。
IMG_2246.JPG

直ぐに食べきれないので西京漬けにしておいて、

西京焼きは文句なく、どんな魚を漬けても旨いです。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

タコを薄く切るのは難しいので、真蛸の足を真直ぐ伸ばして1本づつサランラップに包んで1晩冷凍し、それを包丁で削ぐように切ると薄く切ることが出来ます。
それをインスタントのお茶漬け素とともにご飯の上に乗せて熱湯をかけるだけ。
w173.jpg
初めてタコ茶漬けを作って食べてみたけど、蛸自体には味が無くいので、やはり鯛茶漬けや河豚茶漬けには敵いません。(^^;



cooked by ガンさん | コメント(0) |

この時期、夏野菜が食べ切れないほど生り、マダコと一緒に中華風に炒めてみました。
使った野菜は、トマト、ピーマン、ナス、ブロッコリー、キュウリにタマネギとみじん切りにしたニンニク。
料理の相性は考えてなく、腐ってしまうと勿体ないのでもっぱら在庫処分みたいな感じで (^^;
胡麻油に醤油、塩コショウ、酢、創味シャンタンを入れて炒め、最後に水溶き片栗粉でとろみを付ければ中華風に!

蛸は癖が無い味なのでどんな料理にも合います。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

お店で食べると、ホンと柔らかいタコが出て来るけど、我が家で作ってもそんなに柔らかく出来ず・・・ ^^;
そこで、今度はネットでよくレシピを調べて挑戦してみました。
先ず、湯がいたマダコを食べやすい大きさに切り、水に大根おろしを入れて30分程下茹でする。
この時点ではまだ、そんなに柔らかくなかったけど、
今度は、水に醤油、味醂、日本酒を入れて更に30分程煮て味を付ける。
IMG_2172.jpg
今回は、試しに足先など細い部分を使ったので1時間ほどで柔らかくなったけど、 あるページでは、2時間煮ると柔らかくなると書いてあったので、太い足だともっと長く煮ないといけないのか (^^;



cooked by ガンさん | コメント(0) |

釣果と食材
真蛸


今、菜園で沢山生っている茄子とトマトを茹でたマダコと一緒に煮ました。
他にタマネギとみじん切りにしたニンニクを入れ、使った調味料は、塩コショウ、ごま油、鶏ガラスープの素、白ワイン。

茹でたタコは最後に入れて味を絡める程度に



cooked by ガンさん | コメント(0) |

魚の刺身を醤油、味醂、日本酒に漬けたものを「ヅケ」と言うけど、それに加えて擦り下ろした生姜やニンニク、煎り胡麻などを入れると大分の郷土料理 「りゅうきゅう」 になります。

これはこれでイイ酒の肴になりますが、
これをご飯の上に置いて、刻んだネギ、大葉、焼き海苔をその上に乗っけて、残ったタレをかけると「りゅうきゅう丼」に
日向丼
地域によっては、これを「あつめし」や「ひゅうが丼」とも呼ばれている様です。



cooked by ガンさん | コメント(0) |
12345次の10件>>