オススメ度 ★★★★

寒波到来で寒い日が続きますが、寒い日は熱々の骨酒が美味しいですね。
ナゴヤフグ(コモンフグやナシフグなど)を刺身にした時、残った骨を乾かしておいて骨酒で呑みます。

骨酒の作り方
@小フグを刺身にして残った中骨を干し網に入れて、カラカラに乾くまで天日で干す
IMG_0335.jpg
骨が少量だけなら、竹ザルに重ならないように載せ、冷蔵庫に1週間位入れておくだけで同じように干せます。
但し、長く入れておくと冷蔵庫の嫌な臭いが移るので早めに出さないとダメ。
嫌な臭いがするのは我が家だけか (笑)
IMG_0326.jpg 特に、気温が高い時期に外で干すと腐ったりカビが生えることがあるので、冷蔵庫が薦めです。


A金網に乾いた中骨を載せ遠火で焦がさないよう、狐色になるまで炙る
IMG_0666.jpg
Bやかんに炙った骨と日本酒を入れ、沸騰直前まで沸かして湯飲みに注ぐ。
IMG_0675.JPG
3杯くらいは味が染み出て美味しく呑めます。

注) 鰭が付いていますが、ナゴヤフグの皮には毒があるらしいので自己責任で
タグ:骨酒 日本酒






cooked by ガンさん | コメント(2) |
この記事へのコメント
私もフグ釣り大好きですが、骨はいつも捨てていました
お酒も好きなので今度は捨てずに試してみます
そこで、チョッとお尋ねしますが、日本酒はどんなのが良いのでしょうか?
甘口、それとも辛口
cooked by 釣りキチ at 2013年02月04日 07:26
日本酒の銘柄は安いものでも構わず、甘口の酒ほど美味しくなります。
広島の酒で言えば、白牡丹がオススメ。
賀茂鶴など辛口のお酒は骨酒には向きません。
cooked by ガンさん at 2013年02月05日 17:03
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)