今回の食材
アオリイカ

アオリイカの沖漬けを作ってみました。
醤油・日本酒・味醂を同分量づつ鍋に入れ、一度煮立ててアルコール分を飛ばして漬けタレを作っておき、釣場に持参します。(市販の麺つゆへそのまま漬けてもOK)
アオリイカが釣れたら残酷にも生きたまま、漬けだれの中に入れてイカにタレを吸わせます。
それを数日間冷蔵庫で寝かせると、タレの味が内臓や身の奥の方まで染み渡り美味しい味になります。
内臓とともに一匹を輪切りにしてお皿に盛りますが、3日目位になると熟成されてイカの塩辛にもに似た味で酒の肴に最高です。
沖漬け
オススメ度 ★★★★
お酒を飲まれる方には大変好まれますが、飲まれない方にはイマイチなのかな?

注)
釣って暫く放置して元気が無くなってからタレに漬けたものは腐ります。
内臓から腐るので、アオリがタレを元気よく吸ったり墨を吐いたりして、内臓中にタレが染み渡ってないとダメみたいです。
タグ:沖漬け






cooked by ガンさん | コメント(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)