アコウを薄造りにして片身が余ったので、翌日に食べようと昆布〆にしておきました。
キジハタの昆布〆 一晩経つと、余分な水分が抜け出て食感はもちもち。
また、その間に昆布の旨味がアコウの身に染み渡り甘くなっています。
あこうの昆布締め
山葵醤油で食べると美味しいですね!

使った昆布は煮付けにする時に魚の上に覆って落し蓋代わりに使うと残った出汁も出てイイです。
タグ:昆布〆






cooked by ガンさん | コメント(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)