蝉がけたたましく鳴き始めて来た頃、畑に植えてた茗荷の花が咲いていたので花穂を収穫。
ミョウガの花
茗荷は夏ミョウガと秋ミョウガがあり、これは夏に花が咲くので夏茗荷で、早生茗荷とも言われます。

茗荷の酢漬けの作り方
@茗荷に付いた土を丁寧に洗い流し、花を取って半分に縦割りする。
A熱湯に中に軽くくぐらせて湯通しする。
B酢・砂糖・塩・かつお出汁を混ぜて一煮たちし、冷ましたら茗荷を漬ける。
みょうがの酢漬け
漬け汁を作らなくても尾道酒造の「そのままんま酢のもの」に漬ければお手軽で美味しいです!
2〜3時間漬ければ食べられ、最初は緑色だったのに一晩経つと赤っぽくなっています。
IMG_4267.JPG
冷蔵庫で保存しておくと1週間くらいもちます。
酒のあてに削り節をかけて食べてもよし、小さく刻んでキュウリや若布などの酢の物に混ぜてもいいです。

ミョウガの花はよく洗ってポン酢で食べるか「そのまんま酢のもの」をかけてもよし。
IMG_4248.JPG
今日は茗荷の花ともずく酢を合えてみました。
タグ:酢漬け






cooked by ガンさん | コメント(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)