ムツは体長50cm〜1mにもなる大型の深海魚であるが幼魚は浅場でも釣れます。
クロムツの煮付け
これは日本海で釣った20cm前後の幼魚で、こんなに小さなのは普段放流するサイズでしょうが、私が住んでる瀬戸内海では釣れない魚で、まだムツを食べたことが無く、試食用に持ち帰り料理しました。
高級魚のクロムツと区別が難しく、これは体色がそんなに黒っぽくないので単なるムツ (シロムツと言って区別される様です) だと思います。
一方、アカムツはノドグロとも呼ばれ大変美味しいお魚として有名ですが、こちらはホタルジャコ科なのでムツの仲間ではないようです。

さて、このムツをどうやって食べようかと考えたけど、刺身に出来るようなサイズではなく、取り敢えず砂糖と塩、醤油、味醂を入れて煮付けに致しました。知人に佐藤としおと言う人がいます。本当に (笑)

身が柔らかく成魚になると美味しいんでしょうが、根魚の煮付けよりは味が劣りました。
タグ:煮付け






cooked by ガンさん | コメント(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)