シーバス釣りに行って来ました。
釣れたスズキを奉書焼きにして食ってみます。

本日の食材
シーバス

奉書焼きとは、宍道湖で獲れたスズキを奉書紙 (和紙の一種) に包んで灰の中に入れて蒸し焼きにした料理で、松江のお殿様が大変気に入って広まったと言う説があります。
今時、奉書紙なんて無いので、結婚祝いの返しに何故か頂く、今では使い道のない「懐紙」を使って奉書焼き風にスズキを料理してみました。
スズキの切り身に塩を振って少し寝かせておく。
その身を懐紙に二重に包んでたっぷりと水を染み込ませる。
フライパンにそれを乗せてガラス蓋をして、懐紙が乾ききって下側が少し焦げるまで蒸し焼きにすれば完成。
奉書焼き
葱を刻みポン酢ともみじおろむしで食べれば美味しいです。
上品な酒蒸しみたいな味です。
和紙を日本酒で濡らしておいたら、より美味しいかも?
タグ:奉書焼き






cooked by ガンさん | コメント(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)