日本海から釣って来てばかりの新鮮なイサキです。

イサキは身と皮の間に旨味があると言うので炙り刺身で。

イサキはもっと美味しいのかと思っていたら身が柔らかくて食感がイマイチでした。

今度は「塩タタキ」です。
土佐のカツオの塩タタキが有名ですが、それを伊佐木で
一見、炙りと同じ様ですが、塩を振ってから皮目を強く炙ります。
炙ると皮と身の間から油がじゅわーと溶け出してきて、香ばしさが口に広がります。
  伊佐木の塩たたき
刺身は醤油をつけるのが普通ですが、塩が効いているので山葵を摘まんで食べる。
タグ:タタキ 炙り






cooked by ガンさん | コメント(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)