turi.gif釣果と食材
山陰で釣って来たイトヨリダイ。
熱帯魚みたいに綺麗なお魚なんだけど身が柔らかくて水っぽいので、調理も簡単な塩焼きにしてみました。


食べ残った頭や鰭などをお椀に入れ、春菊やネギを添えてだし汁をかければお吸い物が出来ます。

頭や鰭には塩がかかっているので味付け不要です。

もう一匹釣れてて、でも何か違うような?
よく調べてみると同属のソコイトヨリでした。市場ではイトヨリダイと区別なく売られている様です。

ソコイトヨリを酒蒸しにしようかと思ったけど、日本酒を切らしていたのでワイン蒸しに。
食べやすいように骨をはずして塩コショウを振り、
野菜やキノコなどを添えてお皿の上に載せてワインを注ぎ、底の深いお皿で蓋をしてレンジで3分程チンすれば出来上がり。

電子レンジを使えば調理も簡単です!

山陰でマダイを狙ってると外道として結構イトヨリダイが釣れます。
イトヨリダイ
今度は、皮目に熱湯をかけて「皮霜作り」にした刺身と、皮を引いた刺身 (画像下側) の二種類作ってみました。

イトヨリは身が柔らかくて食感はイマイチだけど身に甘味があります。
皮霜作りにすると身が締って皮も美味しいので、こちらの方がいいです。

余った身を「なめろう」にし、もう一品追加。
IMG_9935.JPG
身が柔らかいのでなめろうには向いています。





cooked by ガンさん | コメント(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)