日本海へ行くと 「キダイ」 が良く釣れます。
マダイの様にゴン!ゴン!ゴン!と強い三段引きではなく、小刻みに震える様な手応えで、釣れるとチョッとガッカリなんですが・・・
鼻先や背中の一部が黄色っぽいのが特徴で、スーパーなどのお店では「レンコダイ」の名でよく売られています。
真鯛ほど大きくならず尾頭付きで塩焼きにするのにちょうど良いサイズに成長するので、結婚式などで出される鯛の塩焼きはほとんどがレンコダイを使っている様です。

先ずは定番の塩焼きで
renco102.jpg

続いて、レンコダイを背開きにし塩水に1時間ほど漬けた後、一夜干しにして焼いてみました。
IMG_0100.JPG
身が柔らかい魚なので、干すと水分が抜けるのでそのまま塩焼きにするよりはこちらの方が旨いです。





cooked by ガンさん | コメント(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)