山から蕗 (ふき) の株を抜いてきて我が家の裏庭の隅に植えていますが、地下茎が伸びて増殖しすぎるので時々茎を切って食っています。

蕗には山ふき、水ふき、つわぶきなどの品種があり伽羅ふきも蕗の種類かと思われるけど料理名なのです。
皮を剥いたフキの茎を醤油、味醂、砂糖、料理酒で佃煮になるくらい長く煮ると伽羅色 (赤みがかった濃い茶色) になるので 「伽羅蕗」 と呼ぶ様です。

蕗を植えておくと春には蕗の薹も食べれてイイですよ!
タグ:佃煮






cooked by ガンさん | コメント(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)