皮が付いたままのヒラマサのサクに塩を振り、金串を打って稲藁を燃やして表面を焼く。

コンロで焼くよりも藁の方が瞬間的な火力が強く、煙の香りもつきます。
生姜ポン酢で食べると美味しいです。





cooked by ガンさん | コメント(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: (任意)

メールアドレス: (任意・ブログに表示されません)

ホームページアドレス: (任意)

コメント: (必須入力)