1 2 3 4 次へ>>

野蒜 (ノビル) は土手や荒れ地に自生するユリ科でネギやニンニクの仲間の野草です。
市場にはほとんど出回らない高級食材の様です。
我が家の庭や畑にも自然に生え、次第に増えてきたので抜き取って辛子酢味噌和えにしました。
ノビルのぬた
酒のあてにもイイですね。
タグ:酢味噌和え






cooked by ガンさん | コメント(0) |

今度は、ワラビを頂戴したので韓国風のナムルに。

作り方
  1. あく抜きしたワラビを食べやすい大きさに切る。茎の硬い部分を大胆に捨てることがコツです。
  2. フライパンにごま油、麺つゆ、おろしニンニクを入れてワラビを軽く炒める。
  3. 酢、砂糖、唐辛子を加え、白ごまを振りかければ出来上がり。
わらびのナムル
冷蔵庫に入れて数日寝かした方が美味しいです。
タグ:ナムル




cooked by ガンさん | コメント(0) |

毎年、秋になると松茸を頂いている知り合いから、今度は自家製の「葉わさびの醤油漬け」を頂戴しました。
IMG_8350.JPG
ご飯のお供やお茶漬け、お酒のあてなど最高です!
IMG_8352.JPG
年中、何らかのキノコや山菜、野草、竹の子などが採れる山林があるなんて羨ましい限りです。
タグ:醤油漬け




cooked by ガンさん | コメント(0) |

梅雨時期にたくさん生えてるので「梅雨草」かと思ってたら、朝咲いた花が昼にしぼみ朝露を連想させることから「露草」と名付けられた説の方が一般的の様です。
IMG_6009.JPG
つゆ草の葉は、草の臭いや苦味などのくせがなくて食べられる野草なのです。

つゆ草の天婦羅
IMG_6011.JPG
衣にマヨネーズを混ぜて揚げると美味しい味になります。
塩よりも天つゆに浸して
どうも天麩羅は上手く揚がりません。

つゆ草の卵とじ
IMG_6011.JPG
つゆ草と木耳を麺つゆと味醂、砂糖を入れて軽く熱をとおすし、つゆ草がしんなりしたら溶き卵をまわして蓋をして火を止めて少し蒸らせば出来上がり。

つゆ草のお浸し
IMG_6045.JPG
つゆ草の若葉や茎の柔らかい部分を摘み、熱湯で30秒程度煮沸し、冷やして水切りして鰹節とポン酢をかければ出来上がり。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

味噌を日本酒と味醂で溶いてあく抜きしたワラビを数日漬ける。
IMG_5835.jpg
お酒のあてにもなります。
IMG_5844.jpg
アク抜きしないワラビを数日味噌に漬けておくとアクが抜けて食べられるとの記述があり、今度それを試してみます。
タグ:味噌漬け




cooked by ガンさん | コメント(0) |

わらび

あく抜きしたワラビを軽く茹でて、醤油と酢で和えて鰹節をかけるだけ。
タグ:お浸し




cooked by ガンさん | コメント(0) |

ご近所の方から山で採って来たコシアブラとコゴミをお裾分けして頂きました。 春のご馳走です。
# 田舎で良かった。
山菜の天麩羅
コシアブラ (漉油) は、タラノキやウド同様にウコギ科の落葉高木。新芽は食用になり、強い苦味があるけど天ぷらにすると苦味が和らぎます。
コゴミ (コゴメ) はクサソテツの若芽。巻いた葉先がこごんだ様に見えるからコゴミとか。
ワラビみたいな 「ぬめり」 が少しあり、アクはないので調理は容易です。
タグ:天婦羅




cooked by ガンさん | コメント(0) |

IMG_5631.JPG

レシピ
  1. 土筆は袴を取り、その際に長いものは食べやすい長さに切る。
  2. 土筆を沸騰したお湯の中に漬けてさっと湯がき水気を切ってお。
  3. フライパンにオリーブオイルとバターをひき、土筆と手で裂いたエリンギを入れて炒め、塩コショウと麺つゆで味付けをする。
  4. お皿に盛って刻んだネギを散らせば出来上がり。




cooked by ガンさん | コメント(0) |

春を味わう季節限定の焼きそばです。
つくしのほろ苦さが大人の味で、ビールが欲しくなります。
IMG_5630.JPG 土筆入り焼きそばレシピ
  1. フライパンに油をひき、スライスしたニンニクとミンチを先に炒める。
  2. 次に袴を取った土筆とキャベツを入れて塩コショウで味を付ける。
  3. その後、ゆで中華めんを入れて炒める。麺にワインか日本酒を少しかけるとほぐれやすくなります。
  4. 最後に濃厚なカープソースを入れて炒めれば出来上がり。




cooked by ガンさん | コメント(0) |

我が家の田んぼの畦に、毎年春のお彼岸が過ぎると土筆がたくさん生えます。
草からしも撒かないので雑草が伸び放題です。
つくし
一度摘んだ後、今日は二番摘みをしました。

今回は土筆を麺つゆ漬けにしました。
袴を取り、長い土筆は食べ易いように小さく切ってさっと湯がく。
笊に上げて水気を取った後に2倍濃縮の麺つゆに3時間から1日程度漬けるだけ。
つくしの麺つゆ浸し
土筆は胞子が落ちる前のものを用いると、ほろ苦くしてお酒のあてにいいですね!
タグ:土筆




cooked by ガンさん | コメント(0) |
1 2 3 4 次へ>>