<<前へ 2 3 4 5 6 次へ>>

大きなメバルの頭やカマなどのアラを味噌仕立てで
アラ汁
いい出汁が出ています。





cooked by ガンさん | コメント(0) |

霜造りは皮付きまま刺身にする調理方法で、皮目に熱湯をかけて湯引きする湯霜造りと直火で炙る焼き霜造りがあります。
今回は旬の春告魚 (メバル) を湯霜造りに。
IMG_5617.JPG 皮に熱湯をかけると内側に丸まるので、それを防ぐため中央へ切れ目をいれてやりました。
タグ:湯引き




cooked by ガンさん | コメント(0) |

turi.gif今日の釣果 メバル
春告魚(はるつげうお)と呼ばれる様に、この時期よく釣れる旬のメバルを煮付けにしました。

作り方(簡単レシピ)
@ ウロコと内臓、エラを取り、身の真ん中へ飾り包丁を入れる
A 鍋に、醤油、砂糖、味醂、日本酒、だし汁(または水)、生姜を入れ一煮たちさせる
B メバルや豆腐を入れて、やや強火で5分程度煮る
C 中〜弱火にし、煮汁をかけながら5分程度煮れば出来上がり
メバルの煮付け
濃い味で長時間煮込むと、あら煮の様になるので、やや薄味にして身と骨が離れるようになれば早めに火を止めるのが美味しくするコツです。

オススメ度 ★★★★


煮付けを沢山作って、余ったら翌日焼いて食べてる広島の郷土料理 「はぶて焼き」 です。
mehabu.jpg
煮魚を焼くときれいに焼けず、作らされた女房が怒られてはぶてたことから由来する様です。
「はぶてる」とは広島弁で膨れっ面になってむくれることを意味します。
タグ:煮付け




cooked by ガンさん | コメント(0) |

春告魚として知られるメバルを空揚げにし、春の山菜として親しまれている土筆 (ツクシ) を天婦羅にして添えました。
眼張とつくし メバルのウロコや内臓を取って骨に沿って隠し包丁を入れ、小麦粉をまぶして余分な粉を払い1〜2分置いてから、油で揚げる。
二度揚げすると骨まで食べられるけど、チョッと骨が硬すぎた。
もっと小さい方がから揚げには向いてるのかな
タグ:唐揚げ




cooked by ガンさん | コメント(0) |

なろろうを作る時は、いつも出汁入りの合せ味噌を使うけど、今回は地元名産の府中味噌 (赤味噌) を使いました。
春告魚のなめろぅ
府中味噌は、古くは甘口の白味噌で有名でしたが今は赤味噌や金山寺味噌も美味しいです!

今度は、眼張のなめろうを熱々のご飯の上にのせて「なめろう丼」です。

ここで使った味噌は、安くて美味しい我が家の定番、マルコメの出汁入り「料亭の味」です。
タグ:なめろう




cooked by ガンさん | コメント(0) |
<<前へ 2 3 4 5 6 次へ>>