1 2 3 次へ>>

オススメ度 ★★★☆☆
IMG_0124.JPG
外道のイソベラ (ササノハベラ) は、美味しくないので釣り人から嫌われています
でも、せっかく釣れたのだから何とかして食べてやろうと研究してみました

turi.gif今日の釣果

炙り刺身の作り方
@ ウロコを取って三枚におろし、腹骨をすき取とる
A キッチンペーパーで水気を拭き取り、皮の部分をバーナーで炙る
B 血合い骨を取って刺身に切りお皿に盛る
暑い時期なので、生温かい状態では美味しくないので、冷凍庫に4〜5分入れてよく冷やして食べれば美味しいです
タグ:刺身 炙り






cooked by ガンさん | コメント(0) |

turi.gif今日の釣果
gizami.jpg

ベラ科の 「キュウセン」を 瀬戸内海では 「ギザミ」 と呼び、キスと並び夏場に人気のお魚です。
関東ではあまり食べられない様ですが、瀬戸内のものは外海のもの比べ身がしまって美味しく、料亭などでも出されています。

南蛮漬けの作り方 (レシピ)
@ 容器に酢、醤油、味醂、らっきょう酢、一味唐辛子を入れ、漬けタレを作る。甘味は、お酢とらっきょう酢の分量で調節。
A タマネギ、ピーマン、キュウリ等の野菜を薄く切り、漬けタレに入れる。
B ギザミのウロコとハラワタを取り、水洗いした後、水気を切る。
C ギザミに片栗粉または小麦粉をまぶし、油で揚げる。
D 揚げたギザミを漬けタレの中に入れ、冷蔵庫で2〜3時間冷やせば完成です。
gizami.jpg
オススメ度 ★★★☆☆<
タグ:南蛮漬け




cooked by ガンさん | コメント(0) |

IMG_0937.JPG

イソベラの南蛮漬けの作り方
@イソベラのウロコを取り三枚におろす
A小麦粉をまぶして揚げる
Bタマネギを薄切りに、人参やピーマンを千切りにする
Cラッキョウ酢と、それだけでは甘過ぎるので米酢と醤油少々、唐辛子などを入れて漬けタレを作る
Dキッチンバットに、Aの揚げた身とBの野菜、Cのタレを入れて3時間程度漬ければ出来上がり
タグ:南蛮漬け




cooked by ガンさん | コメント(0) |

IMG_1071.JPG

塩も何も付けず素焼きにしたギザミ (ベラ科のキュウセン) を三杯酢に3時間以上漬け込んだものです。
三杯酢は、酢・醤油・味醂を盃に一杯づつ混ぜ合したものが基本でしょうが、味醂の代わりに砂糖を使ったり、好みにより混ぜる分量は様々みたいです。
タグ:酢醤油




cooked by ガンさん | コメント(0) |

IMG_1061.JPG

ギザミ (ベラ科のキューセン) を刺身に
捌くときにヌルヌルするのでキッチンペーパーを使うと容易い
身は淡白な味で食感はもちもち

おすすめ度 ★★★☆☆
タグ:刺身




cooked by ガンさん | コメント(0) |
1 2 3 次へ>>