1 2 次へ>>

イネゴチの卵巣を2倍濃縮の麺つゆに一晩漬け、それを笊の上にのっけて冷蔵庫に入れてひっくり返しながら乾燥させて、からすみ風に。
コチのカラスミ
卵巣がそんなに大きくなかったので2週間ほど干して食べたら丁度いい加減でした。
タグ:からすみ






cooked by ガンさん | コメント(0) |

真鯒の鰭
これは切り取ったばかりのマゴチの尾びれですが、これを乾燥させてから炙ってひれ酒で一杯。
ひれ酒
安いポン酒が美味しくなります。 (^_^)
ヒレ酒は、エキスを引き出たせるため70℃以上に熱く沸かしたお酒を注ぎ、少し蓋をしておいて開けたら直ぐにマッチで火を点けるのがお決まりだけど、これはアルコール臭さを炎で飛ばす工夫だとか。
タグ:ひれ酒




cooked by ガンさん | コメント(0) |

インスタントのお茶漬けの素を使って誰でも簡単に出来る美味しいお茶漬け。
IMG_6784.JPG
他に用意するものは、薄造りにしたマゴチの身とネギ、ワサビだけ。
梅肉もあれば更に美味しい!
タグ:お茶漬け




cooked by ガンさん | コメント(0) |

今日の食材

一つテンヤ釣りを勉強中ですが結局は五目釣りに。
今年は異常にコウイカが多く、テンヤの海老にイカが何度も乗っかって来ます。

このうち、細かく刻んだマゴチの身を、まな板の上でダシ入り味噌とネギと一緒に包丁でたたき、
ナメロウ
「マゴチのなめろう」 を作って晩酌の肴に。

多目に作っておいて、あったかいご飯の上になめろうと刻み海苔を乗せてもう一品は、
IMG_6787.JPG
「マゴチのなめろう丼」です。
タグ:なめろう




cooked by ガンさん | コメント(0) |

アオリイカを狙っていたら餌木に魚の様な手応えが。
上がってきたのはマゴチでした。!

turi.gif本日の食材はこちら

食べやすいように中骨をはずして一口サイズに切って塩コショウで下味を付け、小麦粉をまぶして唐揚げに。
IMG_6690.JPG
身が淡白だから醤油に味醂を混ぜ、それに漬けて下味を濃く付けた方が良かったかも?
タグ:唐揚げ




cooked by ガンさん | コメント(0) |

キス釣りなどしていると外道として最近よく釣れるイネゴチです。
イネゴチ
マゴチと比べると頭が長く、全身に小さな褐色の斑点が散らばるのが特徴です。

今回は、イネゴチをカルパッチョにしました。
コチのカルパッチョ
やっぱりマゴチと比べると味は落ちます。




cooked by ガンさん | コメント(0) |

マゴチを刺身にして、余った身や切れ端などをユッケに。
magouk.JPG
ユッケのたれは、コチュジャン 、キムチ漬けの素、酢、ごま油、醤油で和えました。
タグ:ユッケ




cooked by ガンさん | コメント(0) |

今日の食材
真鯒

普通の刺身の握りと皮側を炙ったタタキの握りです。
いずれも大葉を挟んで
susi_magochi.JPG

もう一品はあら汁に
kochi_arajiru.jpg
タグ:寿司




cooked by ガンさん | コメント(0) |

マゴチの刺身が余った時、醤油と味醂、日本酒を合わせた漬け汁に1時間ほど漬けで、づけ丼に。
漬け汁を作るのが面倒だったら昆布だしの麺つゆに漬けてもOK。
kochidon.JPG
こうすれば、満腹の時でも、まだ食べられます。
タグ:漬け丼




cooked by ガンさん | コメント(0) |

三枚におろして皮を引いたマゴチの片身は、トーチバーナーで皮側を少し焦げるまで炙って炙り刺身に。
kochiaburi.JPG
マゴチはあっさりとした味なので、醤油よりもポン酢で食べる方がいいですね。
夏フグと言われるのがよくわかります。

お勧め度 ★★★★★

後日、大きなイネゴチが釣れたので同様に炙りにして食べてみたけど、身が柔らかすぎてマゴチの炙りと比べるとその味は似て非なるものでした。
タグ:炙り




cooked by ガンさん | コメント(0) |
1 2 次へ>>