1 2 3 次へ>>

刺身用に開いたコウイカに切れ目を入れ、海苔を巻き込んで見栄えよく鳴門巻きに
IMG_3490.JPG
断面が渦巻状になり、鳴門海峡の渦潮にちなんで名付けられたと言われています。
大葉で巻いてもイイですね。
タグ:刺身






cooked by ガンさん | コメント(0) |

コウイカやシリヤケイカが沢山釣れて直ぐに食べ切れない時には鯣 (スルメ) に加工します。
水管から細長い刺身包丁を入れて外側に向かって開き、内臓や目玉を取り除き、足もカラストンビ(口)まで包丁を入れて開きます。
甲 (フネ) を付けたまま干すので「甲付きスルメ」と言います。
ちなみに、アオリイカは開かずに胴を裏返して干すので「袋スルメ」と言い、ケンサキイカやヤリイカの干物は等級が上なので「一番スルメ」、それより味が落ちるスルメイカの干物は「二番スルメ」と呼ばれています。
IMG_6861.JPG
冬場はハエもいないので風通しの良い軒下などに洗濯ばさみで吊して乾せばお手軽に出来ます。
鳥が飛んで来て取られないか心配ですが・・・
IMG_6858.JPG
乾くとこんな感じに。
食べると時にはフネ (甲) をはずして、スルメを炙った後に引き裂いてマヨネーズに一味唐辛子と醤油を混ぜて、それをつけて食べると美味しいです。
するめ
冷えると固くなるので熱い内に食べた方がいいですね。
噛めば噛むほど味が出ます。

スルメのことを 「アタリメ」 とも言いますが、スルは馬券がハズレるなどして損するなどの意味があるので縁起をかついでアタリメと言う様になったらしいです。

歯が悪い方には松前漬けがオススメ。
タレの水分でスルメがふやけて柔らかくなります。
IMG_7619.JPG

松前漬けの作り方
  1. スルメは軽く炙って料理ハサミで細く切る。
  2. 肉厚の昆布も料理ハサミで細く切る。
  3. 人参を千切りにする。
  4. 小カブは球形の根と茎を食べやすい大きさに切っておく。
  5. 醤油、味醂、日本酒を一度沸騰させて冷まし、漬けダレを作る。
  6. 細く切ったスルメ、昆布、人参、カブと鷹の爪をタレに漬け、冷蔵庫の中に入れて時々かき混ぜながら3日〜1週間程度経てば出来上がり。
数の子も入れればもっといいのだけど、それは正月用にまた作ってみます。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

今年はコウイカの当たり年みたいで、タチウオ釣りをしていてもイワシを付けたテンヤの上にイカが乗っかってきて邪魔します。コウイカと言ってもほとんどは同属のシリヤケイカですが。
IMG_6770.JPG
今回はシリヤケイカの下足 (げそ) や軟骨でアヒージョを作ってみました。
作り方は、オリーブオイルでイカと里芋、ニンニク、タマネギなどの野菜に唐辛子、塩と味付けのためイタリアンドレッシングを入れて中火で煮込むだけ。

里芋は硬いので先に入れて煮込んだ方がいいですね。
タグ:アヒージョ




cooked by ガンさん | コメント(0) |

イカの沖漬けは大好きだけど、スミイカとも言われるコウイカでそれをするとイカ墨で真っ黒になるだろうから、それは止めといて・・・
新鮮なコウイカの下足 (ゲソ) を麺つゆに3日ほど漬けて沖漬け風にしました。
コウイカの沖漬け
結構イケます。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

チリソースはどこの国の料理かと思って調べてみたら、チリはメキシコ原産の唐辛子、チリペッパーを意味していて、チリの国とは全く関係ないみたいです。
チリソースと言えば、まず海老のチリソース、いわゆる「エビチリ」が思い浮かび中国の料理かとも思うけど、エビチリは日本人の妻を頼って来日した中国の料理人陳建民が考案した日本生まれの中華料理の様です。
タイやベトナムにはチリソースよりも甘みが強いスイートチリソースを用いた料理がたくさんあります。

イカチリ
今回はコウイカのチリソースを作ってみました。

イカのチリソース レシピ
  1. コウイカの胴に賽の目状の切れ目を入れ、食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶしておく。
  2. フライパンに油をひき、みじん切りにしたタマネギとにんにくを炒め、香りが出たらコウイカとニンニクの芽を入れて更に炒める。
  3. 火がとおったらお湯で溶いた鶏がらスープ、豆板醤、味醂、ケチャップを入れて混ぜ合わせ、とろみが出たら出来上がりです。
タグ:チリソース




cooked by ガンさん | コメント(0) |

作り方
@コウイカの身を松笠切りにする。 その方法は、包丁の角度を斜めに寝かせて格子状に切れ目を入れる。
A金網の上にイカを載せ、網を浮かせてトーチバーナーで焦げ目を入れる。(この工程は省略してもOK)
IMG_5252.JPG
B食べやすい大きさに切り、フライパンに醤油・味醂を入れて焼けば出来上がり。 IMG_5254.JPG
下側の何個かはバーナーで焦げ目を入れてませんが、やはりバーナーで少し焼いた方が見栄えがイイですね。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

今回の食材

一夜干しやスルメにしたイカを焼き、マヨネーズと醤油、味唐辛子を混ぜ、それを付けて食べるととても美味しいことをヒントに作ってみました。
甲烏賊
作り方
オリーブオイルでニンニクを焦がさないように弱火で炒めて香りを出し、コウイカのゲソ、タマネギ、キャベツ、小松菜をマヨネーズと醤油で炒め塩コショウで味を調える。
お皿に盛って一味唐辛子を振り掛ければ出来上がり。
お昼食のおかずに作ったけど、昼真っからビールが欲しくなりました。
タグ:炒め物




cooked by ガンさん | コメント(0) |

ペスカトーレ (ペストローラ) はイタリア語で釣り人や漁師の意味で、何種類かの魚貝類をトマトソースで煮込んだ漁師風スパゲッティ。漁師が商売物にならない雑魚や外道を用いたのがはじまりとされている。
今回は、余って冷凍していたコウイカのゲソやエンペラと旬のアサリを使いました。
パスタ



cooked by ガンさん | コメント(0) |

水に粉末カツオだしを入れて大根を先に下茹でしておく。
大根が軟らかくなったらコウイカのゲソ・エンペラ・軟骨と昆布だし、味醂、砂糖を入れて煮付ける。
IMG_5256.JPG
あっさりと薄味で
タグ:煮付け




cooked by ガンさん | コメント(0) |

竹串に刺した甲イカに、醤油・味醂・砂糖を混ぜて煮詰めたタレを塗りながら焼きました。
IMG_5936.jpg
皮に旨味があります。
焼くと硬くなり、なかなか噛み切れないので、小さく切って焼いた方が食べやすいです。
タグ:串焼き




cooked by ガンさん | コメント(0) |
1 2 3 次へ>>