1 2 次へ>>

こちらは猪のバラ肉です。

バラ肉は肋骨 (あばらぼね) 周囲の肉で、肉質は柔らかく脂肪分が多くて旨味があります。
マグロで例える大トロの部位でしょうか。
肉の塊を冷凍してあったので凍ったまま包丁で削るように薄くスライスし、ニンニクスライスをたっぷり入れてイタリアンドレッシングで炒めました。

何と言っても、味の決めては使用するドレッシングと肉を薄く切ることがポイントです。
ドレッシングは、キューピーのテイスティドレッシング イタリアン若しくはリケンのノンオイル イタリアン風バジル がオススメです。
バラ肉と同時にカタ肉、モモ肉、スネ肉も頂いていたので同様に薄くスライスして炒めて試食してみたけど、その中ではやはりバラ肉が一番美味しく、スネ肉は薄切りにすれば固さはさほど気にならず旨味があってこれも美味しく、カタ肉は筋肉が交差しているので脂身が少ない部分はパサパサして少しクセがあり、モモ肉は大きな雄イノシシの部位だったためか硬かったです。

これまでは、肉メインで焼肉感覚で食べてましたが、今度は人参、玉ねぎ、ピーマン、レタスなどの野菜も加え、それを軽く炒めてサラダ感覚で

これも美味しい!
タグ:炒め物






cooked by ガンさん | コメント(0) |

猪のスネ肉を頂戴しました。
スネと言っても実際には腓腹筋 (ふくらはぎ) の部分で、市場に出回る量は少なく希少です。
ハンターのコバさん曰く、骨から肉を取り分けるのが面倒だから普段は猟犬の餌として骨付きのまま与えているとか
いのししのスネ肉
肉質は固いけど煮込むと柔らかくなり旨味もでて美味しいらしいのでポトフにしました。
ポトフはフランスの家庭料理の一つで鍋で肉や野菜などを時間をかけてじっくり煮込んで作ります。
作り方は、スネ肉は食べやすい大きさに切り、先に湯通してアクを抜いておき、鍋に猪肉、ジャガイモ、玉ねぎ、にんにく、ブロッコリー、マッシュルームなど硬いものから順に入れ、コンソメと塩コショウで味をつけて煮込みます。
ちなみに、じゃがいもには色んな品種があり、男爵芋は煮崩れしやすいので煮込み料理にはメークインがオススメ。
ポトフ
ニンジンのストックが無かったので彩が悪かったかな。
野性のジビエ肉はアクが出やすいのでこまめにアクを取り除くことが肝要です。
スープも旨いね!


今度は、あばら骨が付いたイノシシのスペアリブをポトフに。
今度は人参も入れました。

骨から旨味がでるのか、こちらの方が絶品です!



cooked by ガンさん | コメント(0) |

猟友会のコバさんが一発でしとめた猪肉。
脂がのった上質なロースの部分を薄くスライスしたものをしゃぶしゃぶして、ポン酢ともみじおろしで。
猪肉のシャブシャブ
猪肉はアクがでるので、鍋にたまったアクをこまめに取り除きながら食べることが肝要です。
コバさんは薄くスライスする機械まで自作されています。
血抜きなどの下処理も上手いのか獣の臭いは全くありません。
罠にかかってストレスがたまった肉は乳酸がまわってダメでしょうね。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

野生のイノシシ肉を入れたカレーをたくさん作ったので、先ずはカレーライスで。
イノシシ肉入りライスカレー

今度は、豆腐も加えた豆腐カレー。
IMG_5994.JPG
麻婆豆腐の様な感じです。

毎日カレーライスばかり食べられないので、今度は余ったカレールーを水で少し薄めてカレーうどんに。

ネギを刻んで掛けるのを忘れた。

そしてお次は、カレーグラタン。

鋳物のグラタン鍋にバターを塗り、残ったカレーと茹でたマカロニ、そしてその上にスライスしたトマト、パン粉、とろけるチーズをのせてオーブンで焼く。
パン粉がカリカリして美味しいですね!



cooked by ガンさん | コメント(0) |

IMG_7762.JPG
冷凍庫の中に以前に貰っていた野性の猪肉があったので、最近流行っているカレー鍋にしました。
イノシシのカレー鍋
他の具材も冷蔵庫にあったキャベツ、人参、ブロッコリー、トマト、タマネギ、シメジなどの野菜を適当に入れて在庫処分に致しました。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

頂戴した野生の鹿肉をホットプレートで焼肉に。
IMG_3760.JPG
猪肉と比べると軟らかくて臭味もありません。
脂分も少なくヘルシーです。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

鍋の具として一般的に白菜は欠かせませんが、キムチ鍋には白菜よりもキャベツの方が甘くて美味しいです。
その他に、ニラ、豆腐、人参、シメジを入れました。
猪肉は赤身ばっかりよりか脂が多い部分の方が美味しいですね。
イノシシのキムチ鍋
締めにラーメンを入れれば満腹です!



cooked by ガンさん | コメント(0) |

こんな雪の日に一杯やりながら雪見鍋を食べるのはおつな物ですね。
いのししのみぞれ鍋
大根おろしをたっぷりと入れると白い雪景色に見えるので雪見鍋と言いますが、それをぐつぐつ煮ると大根が半透明になって、まるで霙の様に見えるので「みぞれ鍋」とも言います。
タグ:みぞれ鍋




cooked by ガンさん | コメント(0) |

骨付き肉
ハンターのコバさんから頂戴したイノシシのスジ肉やスペアリブなどを大釜で煮込んでおでんに。
IMG_3661.JPG
関西では、おでんを関東煮(かんとうだき)と呼びます。
前日に作って温め直すと、味が具にしみわたりより美味しくなります。
おでん
猪肉の他にも大根、ゆで卵、ウインナー、里芋など
昨日から作って煮込んでますから煮崩れしていますが・・・

今度は、イノシシのバラ肉のブロックを頂戴したので、食べやすい大きさに切り我が家でおでんにしました。
タグ:おでん




cooked by ガンさん | コメント(0) |

冬場は専ら猟に行かれる釣り友から頂戴したイノシシ肉で、今日はすき焼きにしました。
我が家では、いつもすき焼きにうどんが入ります。
山くじらのスキ焼
ちなみに狩猟によって捕獲された野生の鳥獣肉をフランス語でジビエ(gibier)と呼ぶようです。



cooked by ガンさん | コメント(0) |
1 2 次へ>>