1 2 3 次へ>>

旬のたけのこ(孟宗竹)とふきを煮物にしました
今年はたけのこが豊作のようで、あちらこちらから頂きます
IMG_0591.JPG
親切に灰汁抜きまでして下さるので助かります
煮る前にフキの筋を取ったら曲がってしまい失敗です
IMG_0829.jpg
でも、ちょっぴり苦味があって美味しいです





cooked by ガンさん | コメント(0) |

出はじめた竹の子と若布とを一緒に煮ました。
どちらも今が旬の食材同士で、これを若竹煮(わかたけに)と呼ぶようです。
IMG_0563.JPG
@竹の子は米糠と一緒に茹でて灰汁を取る
A鍋に水と醤油、日本酒、出汁昆布、砂糖、出汁の素 (今日は河豚の中骨) と、あく抜きした竹の子を入てづくづくと煮る
B火を止める前に若布を鍋に入れ少し煮て、若布に味が付けば出来上がり




cooked by ガンさん | コメント(0) |

隣家より大きな筍 (孟宗竹) を頂戴したので、木の芽和えを作りました
IMG_0659.JPG
木の芽和えの作り方
@大きな鍋に筍(たけのこ)と米糠、唐辛子を入れて1時間以上煮て灰汁を抜く
A木の芽(山椒の若葉)をすり鉢ですり、白味噌と味醂、砂糖を加えてよく練る
B筍をさいの目に切り、鍋に出汁を入れて煮込み味を付ける
C冷まして水気を取ったBとAを和えて器に盛り、木の芽を一枝程度飾る IMG_0575.JPG



cooked by ガンさん | コメント(0) |

旬の竹の子とワラビを一緒に煮ました。

昔使われていた羽釜があったので、裏庭で竹の子の灰汁抜き

たけのこのアク抜き方法
@筍の皮がついたままでの状態で、まず頭をカットし、縦方向に1/3程度の深さで切り込みを入れる。
A大きな釜に米ヌカ、塩、鷹の爪を入れて30〜40分程度強火で煮る。
B火を止めたら蓋をして、そのまま2〜3時間、自然にさめるまで待てば出来上がり。
IMG_0667.JPG
米ヌカは精米自販機からタダで持ち帰り、木っ端を燃やしてガスも代節約できました
ワラビの灰汁抜きをする稲藁も、いくらでもあるし
こんな時、田舎はいいね
IMG_0627.JPG
昔は、こんな料理をおふくろがよく作ってくれてました



cooked by ガンさん | コメント(0) |

あく抜きした竹の子に味噌を塗ってガスコンロのオーブンで焼き、味噌が焦げ色になったら出来上がり。
takenoko.jpg



cooked by ガンさん | コメント(0) |
1 2 3 次へ>>