1 2 次へ>>

島根県沖の日本海の釣ってきた34cmのアイナメです。
ainame.JPG
我がホームグランドの瀬戸内海では、昔は良く釣れていたのにポン級は何十年も釣れたことがなく絶滅危惧種になった様な気がします。
でも、先日尾道近海でアイナメの放流事業を始めるとのニュースを聞いたので、また釣れる様になるかも。

釣りから帰って、先ずは新鮮なうちに片身を薄切りにしてお刺身に。
アイナメの薄造り
昔、食べた時、少し臭みがあった様な気がしたけど、これは全く臭みが無く甘みがあってとても美味しかったです。
タグ:刺身






cooked by ガンさん | コメント(0) |

新鮮なアイナメの腹身を小さく切って、出汁入りの合せ味噌、粗挽き胡椒や葱、大葉などとまな板の上で叩いてなめろうに。
IMG_4776.JPG
隠し味にコショウを加えるとパンチが効きます。
これを肴にして日本酒でちびちびと晩酌を。
釣りから帰り、その日の釣果や魚の手応えなどを振り返りながら一杯飲むのは最高ですね。!

翌朝は、余ったなめろうをご飯の上に盛り、真ん中へ卵黄をのせて炒りゴマ、刻み海苔を振りかけて 「なめろう丼」 です。
inamerou.JPG
タグ:なめろう




cooked by ガンさん | コメント(0) |

皮霜造りは、熱湯をかけて素早く冷水でしめる方法ですが、これは皮が柔らかい魚に向いています。アイナメは皮が硬いので、皮を直火で焼いた焼き霜造りにしました。
IMG_4724.JPG
アイナメは皮と皮下部分に旨味が強いので皮付きがいいですね。



cooked by ガンさん | コメント(0) |

アイナメの皮には小さなウロコがたくさんあり、おろす前に取ったつもりでもたくさん残っています。 熱湯をかけて湯引きした後に更に残っているウロコを洗い落とす必要があります。
アイナメの皮 ついでに胃袋も食べてみます。
胃袋は中を裂いてよく洗った後に熱湯の中で少し湯がきます。
取り出した後に冷水でヌルヌルをよく洗い落とし、どちらもよく冷やしてポン酢で。
皮ポン
味の方は、どちらもこりこりとして絶品です。
皮はコラーゲンたっぷりでお肌にもイイと思います。
タグ:湯引き




cooked by ガンさん | コメント(0) |

アイナメは、瀬戸内では冬場によく釣れていた魚だけど、夏のアイナメは脂がのって一番美味しい様です。
握り寿司
刺身に大葉を挟んだ握りと皮を焼いた握りを作ってみました。

残った頭やカマ、中骨などのアラでお味噌汁を一品作りました。
赤だし
握り寿司に味噌汁はよく合います。
タグ:味噌汁 寿司




cooked by ガンさん | コメント(0) |
1 2 次へ>>